「あなたの人生の節目で、私たちが、お役に立ちます」
すまいる瓦版

タグ : 建替

浦安でも空家調査が開始に

空き家の実態 国は空き家の定義を「概ね1年間を通して電気・ガス・水道の使用実績がないこと」としています。 総務省が今年4月に発表した「住宅・土地統計調査」によれば、日本の総住宅数の7戸に1戸が空き家という計算になりますが …

新浦安は賃貸建て替え時代へ

最多需要の13万円以内の賃貸事情は? 一般的に、1~3月は転勤シーズンで賃貸物件が良く動くと言われていますが、浦安の賃貸市場は一年を通して、転勤者以外にも部屋探しをしている方がいる希少なエリアです。 転勤だけでなく、新婚 …

災害や老朽化を乗り越え、地域の文化に合った建て替え

日本の各地で災害が頻発し、建て替えが促進か 老朽マンションの建て替えは、所有者の費用負担や工事中の仮住まいの確保など、課題が多く、住民の話し合いだけで進めるのは難しい面があります。 全国で600万戸ある分譲マンションの3 …

賃貸住宅の建替更新次期に来た浦安、「年金代わり」の不動産の今後の流れは?~浦安のアパート新築ラッシュの中、人口減少、少子化、所得伸び悩みで今後どうなる

築30年超えの、一戸建て貸家の建替が進む 浦安では、今一戸建てやアパートの新築が増えています。分譲地に建つ一戸建ては昭和52年~59年が多く、早35年前後。手入れしながら自分で住む分には築何年であろうと関係ありませんが、 …

震災から満5年、新浦安の不動産相場の動きはどう変わったか「一戸建て編」 ~買いやすい価格になった一戸建てが、子育て世代の人口増加のキッカケになったのか

マンションと同じ価格になった一戸建ての動きは? 概ね50~60坪の土地に、築30年、100㎡くらいの家が、新浦安の分譲地一戸建ての標準です。震災前年の2010年、上記条件の一戸建ての平均成約価格は6455万円でした。そし …

震災から満5年、新浦安の不動産相場の動きはどう変わったか「マンション編」 ~終末的な報道とは裏腹に、地元需要はしっかりと確立していた5年の今後

実は、新浦安は ” 横ばい ” だった? 震災があった2011年の前年から昨年末までの、各エリアの成約相場の推移をみると、震災の翌年は、一時的に10%程度相場は下落しましたが、すぐ上昇(復帰)に向かい、この3年はほぼ横ば …

都内マンション減速感、今後は「立地」で二極化?新浦安はどうか? ~「何でも売れた」都心部にも立地による売れ行きが現れ出した。今後の購入者の選定基準とは?

都内マンションに市況の陰り 都内マンションは、資材と人件費、用地取得競争などの傾向は依然と続いていて、値下がりする要素は無いのが実情ですが、9月現在で供給戸数と契約率が大幅に落ち込む結果となったようです(不動産経済研究所 …

↑この検索ボックスに、ご相談のキーワード等を入力してください。
入力例:空き家
民泊投資建売オリンピック二世帯二極化がん認知症障害治安講演 etc...

 
 

これからのイベント

個別相談会(定期開催)
  @ 新浦安 : 毎週【土】曜日
  @ 日本橋 : 毎週【日】曜日
 

 

ご予約状況カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31  

(緑)現在比較的空いています
(黄)残りわずか/時間帯次第
(赤)既に全て埋まっています

 

 

 

 
 

 

 

当サイトは、「セキュアコア」というSSL暗号化通信を使用しており、安全にご利用いただけます

PAGETOP
Copyright © 株式会社すまいる情報東京 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.