「あなたの人生の節目で、私たちが、お役に立ちます」
すまいる瓦版

竹内の日々是好日

理解より、一緒にいる優しさ

何かと気ぜわしい3月。一足先に伊豆の河津桜が満開です。開花の時間差で、5月の北海道まで約4カ月楽しめる桜の花見、四季豊かな日本の良さを感じる季節です。花粉症も早めの出現のようです。お気をつけ …

語らずとも 一緒に居られる

今年は改元の年、平成が終わります。   世界諸国では元号は関係ないのですが、日本人の心象として、元号でイメージを捉えることが多くあります。 「明治の気骨」とか「大正ロマン」「昭和の香りがする街」など、それだけで …

時(とき)を包む

町田市の小山田神社の蓮田が、公園のように整備されていなくて、日本昔話のような風景にマッチしていて好きで観に行きます。二千年前の蓮が今咲き、おそらく未来も咲き続けるだろうことを思いますと、「今」というものが、過去も未来も含んだ ・・・

いい風に吹かれて

前回、私の母の入院のことを書きましたが、その一週間後に見送ることになりました。お守りに、いつも私の母子手帳を持っているのですが、これからも手帳を手許に置いて、生んでもらった瞬間をいつまでも大事にしたいと思います …

私は今ココに

ベトナムの心ある人の、今を精いっぱい生きる姿を思い浮かべていましたら、プロゴルファーで昨シーズンで引退された宮里藍さんの「アイ・アム・ヒア」という著書を思い出し再読しました。まさに、道元禅師の『正法眼蔵』第一巻「弁道話」に …

「行ッテ」のこころ

先日、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」という何とも涼しげな背表紙が目に飛び込んできました。賢治の生家は質屋さんで、私の生家も質屋で名前もケンジなものですから、小さい頃から勝手に親しみをもって・・・

やぁ やぁ やぁ

たいへんな猛暑です。自宅の門前を掃く、打ち水するという古の良い風習が日本橋あたりの商店街では残っており、一服の清涼を頂いてます。先日、実家に帰りまして、もうすぐ95歳になる母の第一声は「まあまあまあ」…

無名の人生 讃

夏至です。夜の7時頃でも、ほの明るい雰囲気が何となくウキウキします。6月30日には、全国各地の神社で、茅の輪くぐりの神事が執り行われます。正月から6月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う夏越しの大祓(おおはらえ)で、大晦日までの・・・

「交わって流れる」交流 異床同夢のご縁へ

別々の人生を歩んでいる人たちが、共通する思いとか、関心のある事で、どこかで接点ができたり、交流した結果、あるとき「ご縁」の出会いがあるのだと思います。今回は、ベトナム国家大学の教授陣、東京農大の宮林先生、南房総市の中森牧師の3組・・・

使われなかった人生も ぜんぶ自分のもの

近い人や動物の死が続くと、どんな人生だったのかな、と想いを寄せることが増えてきます。10年前、沢木耕太郎さんの『世界は 「使われなかった人生」であふれている』とう著書を紹介しました。内容は映画評ですが、当時はそのタイトルに心動かされ・・・

1 2 3 5 »

↑この検索ボックスに、ご相談のキーワード等を入力してください。
入力例:空き家
民泊投資建売オリンピック二世帯二極化がん認知症障害治安講演 etc...

 
 

これからのイベント

個別相談会(定期開催)
  @ 新浦安 : 毎週【土】曜日
  @ 日本橋 : 毎週【日】曜日
 

 

ご予約状況カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

(緑)現在比較的空いています
(黄)残りわずか/時間帯次第
(赤)既に全て埋まっています

 

 

 

 
 

 

 

当サイトは、「セキュアコア」というSSL暗号化通信を使用しており、安全にご利用いただけます

PAGETOP
Copyright © 株式会社すまいる情報東京 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.