「あなたの人生の節目で、私たちが、お役に立ちます」
すまいる瓦版

プライベート相談事例

気持ちに添った老後の住み替えを ~ 小さい家に買い換えて差額を蓄えに

子供が独立し、配偶者も亡くなり、いまは一人住まい。 長寿時代、老後資金は一般的に3千万円必要だとよく言われます。 今回は、「気持ちに添った」不動産の処分による老後資金づくりの実例をご紹介します。 老後資金の作り方について …

いつの間にかアンバランスになった生活をバランスよく整理する

今回は、3年がかりで家を売却した事例です。 今回の事例は現在進行です。 まだ成就していませんが、多くの方に共通する課題を含んでいると思いましたので、継続的にレポートすることで、お読みになった方のご参考になればと、取り上げ …

賃貸投資のこれから

今回は、当社に寄せられるご相談の中で、割合が高い「賃貸投資」は、年々増えてきたこともあり、実例をご紹介します。 このご相談は、お寄せいただくタイミングがあります。   ○ 定年でリタイアして、まとまった現金はあ …

家の売却、同じ価値観の人を

3年がかりで家を売却した事例です。一年がかりで大工さんと打ち合わせしながら建てた家で、ヒノキや自然素材をふんだんに使ったので、玄関を入るとヒノキのいい香りが出迎えてくれます。間取りも、子育ての方針に沿って「壁がない」…

「突然」の事態・・・その時に

突然のアクシデントは、いつでも身に降りかかる可能性があります。 ご本人も、まわりのご家族も緊急の対応で手いっぱいです。 そんな緊急時でも、私たちがお役に立つことがあります。 仏教の言葉を借りますと、四苦八苦の根本的な苦し …

若年性認知症と向き合って

働き盛りで、若年性認知症と診断されることは本人も家族も、大変なショックを受け、親しい人を忘れてしまう恐怖、また逆に忘れられてしまう恐怖も重くのしかかってくると聞きます。 15年前にご自宅をお世話したWさんの奥様から、自宅 …

「目が覚めない事を考えると、いま出来る限り」 ~ ひとりで生き抜くための断捨離

家族もなく、一人で生きて行くために、いらない不動産を断捨離した事例です。相続人がいない、いても遠縁、という方は、増えてくるでしょう。長年の相続を経て、持ち主が正確にわからない不動産が沢山ある現在、自分の代で「打ち止め」にしたい・・・

「やっと決断がついたので、手助けして欲しい」 ~ つらい気持ちの片をつけること

プライベート不動産会社について、今月も実例をご紹介します。 今回は、「気持ちの片をつける」事例です。 相続した家をどうするか、たいへん悩ましいことが多いですね。 家は、生活の足跡、家族の記憶が詰まっている容れ物です。 処 …

「貴殿とご縁があったことは、大きな財産でした」 ~ 究極の終活を一緒に実行して

プライベート不動産会社について、わかりやすくご理解いただきたく、今月も実例をご紹介します。 今回は、「究極の終活」と言えるような事例です。 また、生涯のお抱え不動産屋を目指す当社の在り方についても、ご参考になれば幸いです …

「お母さん、良かったね。あんなに気に入っていた風景にそっくり」 ~ 長生きした家の「気」を受け継ぐ

「死のうと思って1ヶ月のあいだ、死に場所を探して全国を放浪したけれど、死に切れずに戻ってきました。竹内さん、相談したいことがあるので家に来ていただけませんか。」という電話が私の携帯にありました。ちなみに、私は以前のお客様からいつ電話があっても良いように、25年間携帯電話の番号を変えていませんので・・・

1 2 »

↑この検索ボックスに、ご相談のキーワード等を入力してください。
入力例:空き家
民泊投資建売オリンピック二世帯二極化がん認知症障害治安講演 etc...

 
 

これからのイベント

個別相談会(定期開催)
  @ 新浦安 : 毎週【土】曜日
  @ 日本橋 : 毎週【日】曜日
 

 

ご予約状況カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30  

(緑)現在比較的空いています
(黄)残りわずか/時間帯次第
(赤)既に全て埋まっています

 

 

 

 
 

 

 

当サイトは、「セキュアコア」というSSL暗号化通信を使用しており、安全にご利用いただけます

PAGETOP
Copyright © 株式会社すまいる情報東京 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.